blog

チラシ1000枚で何センチ?

#graphic design

紙の厚さにもよりますが、チラシ1000枚でおおよそ6〜12センチです。

チラシ・フライヤーをデザイン事務所や印刷会社に発注した場合、納品物として送られてくるチラシのボリュームはどのくらいなのでしょうか? たくさん注文した場合など、枚数によっては想像以上の嵩になり、置き場所に困ってしまうというケースもよくあります。前もっておおよそのサイズ感を把握しておくとよいでしょう。ざっくり紙の厚さごとの高さは下記のようになります。

[コート紙・マットコート紙・上質紙 1000枚の場合]

  • 55kg = 約6cm
  • 70/73kg = 約7cm
  • 90kg = 約8cm
  • 110kg = 約10cm
  • 135kg = 約12cm

チラシ1000枚の重さはどれくらい?

では、実際に納品されてくるチラシの重さはどのくらいなのでしょうか? 紙は意外と重さがありますので、大部数を発注される際は注意が必要です。

[コート紙・マットコート紙・上質紙 1000枚の場合]

  • 55kg = 約4kg
  • 70/73kg = 約5kg
  • 90kg = 約6.5kg
  • 110kg = 約8kg
  • 135kg = 約10kg

ちなみに、紙の厚みごとの特長、用途は下記のようになります。

  • 55kg = コピー用紙より少し薄めの紙です。薄手の新聞折り込みチラシなどに使用します。
  • 70/73kg = 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。折り込みチラシや冊子の本文などによく使われる厚さです。
  • 90kg = もっともチラシで使用されることの多い標準的な厚みです。紙の厚さに迷ったらこの厚さを選択するのもいいでしょう。
  • 110kg = チラシとしては、少ししっかりとした印象に仕上がります。ポスターや厚めのチラシにおすすめです。
  • 135kg = ハガキくらいの厚みがあり、かなり厚めの印象になります。パンフレットの表紙やポスターなどによく使われます。

まとめ

紙を重ねたときの厚さは意外と分かりにくいので、1000枚でざっくり10cmくらいと覚えておくといいかもしれません。そうすると、5000枚の場合は、50cmくらい、10000枚の場合は100cmくらいといったように、おおよそのボリューム感が推測できるので、実際に届いた時の扱いがスムーズかもしれませんね。

大阪のデザイン事務所 イースタンインクでは、チラシのデザインから印刷までワンストップで対応しています。もちろん全国対応。ふんわりとしたご依頼でもプロのデザイナーがいい感じに仕上げて納品します。お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

   

ロゴデザイン、ブランディングのご相談は、
大阪のデザイン事務所イースタンインクまで!

contact